読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近、日本のドラマを見るのにハマっている。

今まではずっと海外ドラマばかり見てきた。プリズンブレイク、24、メンタリストなど。アメリカでお金をがっつりかけているからこそこういう作品が作れるのだ!と感銘を受け、ずっと海外ドラマを見てきた。

しかし、最近は日本のドラマの良さに気づけてきた。理由は、日本のドラマだからこそ描ける機微があることに気づいたからだ。自分が日本人であることを殊更意識する機会はあまりないが、それでもやはり自分のアイデンティティの一部は日本人であるということから形成されているし、日本人的感覚を有しているのだろうと思う。そのせいだと思うのだが、日本のドラマは描かれている感情の機微を理解しやすいし、そのおかげで共感もしやすい。それが魅力として僕が感じていることだ。