ライフログ

ライフログというものをやっているので説明したいと思う。

これは単純に言うと、日記を1日の終わりにではなく、常に書くようなものである。カルボナーラを食べたらカルボナーラを食べたと書くし、ミッションインポッシブルが面白かったらミッションインポッシブルが面白かったと書く。

まずなんで始めたかという理由だが、これは単純に流れていく日々のことを全く思い出すことができないという事実が怖くなってきたからだ。なんの記録もなければ、14日前をどう生きたかなんて到底わかるはずもないし、ましてや2ヶ月前なら本当に生きたかどうかすら危うい。

で、どんな効果があったか。まず、毎日を割りとちゃんと生きねばという気分になる。未来の自分さんが今の自分を振り返った時に「たるんでんなあ」とか思われるのがちょっと悔しい。だから、割りとまとも人間っぽく生きてみようかなという気になるので人間力の向上に役立つのだ。