図書館や本屋が怖い。

 

僕は本が好きだ。読書量はたいしたものではないかもしれないが没頭できる趣味を挙げていったら読書は必ずその中に入るだろう。

 

だが、本屋は怖い。あんなにも生涯自分の学ぶことのできない情報があるのだという現実を叩きつけられる。1日に仮に1冊読めたとしても、現在その本屋にある本全てを読むことはできないだろうし、まして、ラインナップは一月単位で循環していくのだ。

 

これからどんな本を読むか決める時、同時に読まない本を切り捨てて生きていくのだろう。この本に出会ったおかげで人生が変わったという本が一人に一冊あるのなら、その逆にこの本に出会っていたら人生が変わっていただろうにという本もまたそれと同じだけ存在するはずだ。