3記事目にしてようやく自己紹介をしようと思う。どんなやつが書いているのか分からない文章というのは、独特の魅力もあるが近寄りづらさもあると思ったからだ。

まず、性別。残念ながら男だ。である調で文章を書く女性に扮したほうが人々に希望を与えられたかもしれないが、嘘はつけない。

次に年齢。だいたい20歳。大学生だ。この「だいたい」というのは僕の臆病な性格が凝縮された結晶と言っていい。20歳だろうが21歳だろうが22歳だろうが、大学生という情報と年齢の情報を組み合わせてフィルターを作ったところで特定されるはずもないのだがもしかしたらもしかすると、という思いがあり、年齢をぼかすに至った。

最後に何を紹介すればいいのか分からない。自己紹介というのはすごい言葉だ。みながみな自己を理解しているという前提でそれを説明せよという課題。